2017年8月19日 (土)

IAとゆかりのトーク作品、公開中。

(このエッセーは2017年8月30日に修正しました)

今までIAと結月ゆかりの「歌わせてみた」作品を制作・公開してきましたが、8月上旬にCeVIOの「IA Talk」を購入したのに伴い、2人のトーク作品の制作も始めました。シリーズタイトルはまだ決まっていませんが、Vocaloidの2人による日常的な(=歌っていないときの)トーク——という内容です。

完成した作品は、音声ファイル共有サービスの SoundCloud にて公開しています。音声のみですが、機会があれば、映像を付けたものをTwitter等に公開したいと思います。ニコニコ動画にて映像付きで公開しています。「背景 + 立ち絵 + メッセージウィンドウ + 台詞」という、ゲームの会話シーン風の動画にしてみました。

さて、CeVIOを通じて初めてIAをしゃべらせた感想ですが、Voiceroidの結月ゆかりを初めてしゃべらせたときと似たものを感じました。つまり、無調声でも十分自然にしゃべってくれる。もちろん、音(と無音)の長さや高さを微調節したほうがより自然になりますが、それも(私が聴く限り)ほんの一部でOKです。

結月ゆかり……というよりVoiceroidの音声と比べると、音同士の繋がりは全体的に(ノイズが乗らず)自然で滑らかな一方、音声合成エンジンの仕様なのか、ダイナミックレンジ(強弱)はかなり抑えられており、全体的な音量も小さめです。IA ROCKSをイメージしたハキハキした話し方を表現するには、音素単位での音量調節等、工夫が必要になると思います。

個人的には、音量の小ささはミックス時の“嵩上げ”で改善できるのでさほど気にならず、音声自体の質には十分満足しています。まだまだ「使いこなせている」とは程遠いですが、今後もゆかりと色々しゃべらせていきたいです。

なお、トーク全体のミックスはカバー曲と同様、DAWソフトのCubaseで行いました。使用した音声ファイルのサンプリングレートがまちまち(結月ゆかり=22050Hz、IA=48,000Hz、BGM=44,100Hz)で、それを事前に統一しなければならないのが大変&面倒です……。

2017年7月 8日 (土)

fancyBox3 - 日本語化して導入予定。

webサイトをリニューアルするにあたり、「画像をクリック/タップするとページ内で拡大するようにしたい」と考え、それを実現するスクリプトの一つ fancyBox3 を導入することにしました。画像を表示する際のデザインとアニメーションが好みだったのと、HTMLファイルの書き換えが比較的簡単だったのが採用の理由です。

「閉じるボタン等のツールチップが英語」という海外プラグイン特有の問題もありましたが、それらの日本語化も意外と簡単だったので、それも併せて、自身の備忘録を兼ねて設置方法を紹介したいと思います。

なお、jQueryが必要(開発者は3以上を推奨)なので、jQueryを初めて導入する方は事前に用意してください。また、HTML文書はHTML5を、文字コードはUTF-8を想定しています。

» 続きを読む

2017年7月 1日 (土)

webサイトをリニューアル中 - サーバーの移転も計画中。

6月18日にツイートしたとおり、現在、webサイトのリニューアル作業をしています。今までと同様、テキストファイル(HTML5, CSS, JavaScript, .htaccess等)は開発ツールを使わず、すべてエディターでの手入力です。

そして、公開可能となった際は、現在使っているサーバーから完全に引っ越し、ほかのサーバーを借りてそこで運営していくつもりです。……というのも、現サーバーの以下の仕様が、新しくサイトを運営する際のネックとなるからです。

  1. 使用可能な容量が100MBしかない。(増量できるが割高)
  2. PHP(スクリプト言語)に対応していない。
  3. .htaccessが無効。つまり、エラー画面のカスタマイズやURLの転送(リダイレクト)ができない。
  4. 参照するファイルを(ルートディレクトリーからの)絶対パスで指定できない。

新サイトでは音声ファイルを(もしかしたら動画ファイルも)公開する予定なので、100MBでは少なすぎます。また、エラー画面を自作できないのはwebデザイン上好ましくありません(統一性に欠ける)。

4は「運営する際」というより、編集する際のネックとなる点です。例えば、ホームに移動(アクセス)するリンクを張る場合、絶対パスであれば、<a href="/">ホーム</a> と記述するだけで、どこに置かれたファイルからも移動できます。相対パスによる指定だと、階層に応じて以下のように書き分けなければならず、ミス(=リンク間違い)も起こりやすくなります。

  • <a href="./">ホーム</a>
  • <a href="../">ホーム</a>
  • <a href="../../">ホーム</a>
    (以下略)

ホームへのリンクに限らず、ナビゲーションリンク、共有するCSS・画像・スクリプト……などを絶対パスで指定するようにして以来、編集作業がずっと楽になりました。なので今更、面倒な相対パス指定には戻りたくありません。(参照: HTMLでは相対パスより絶対パスの方がおすすめ

サーバーのレンタル料や初期費用はかかりますが、niconicoのプレミアム会員の会費(年間6,480円〜)以下で済むと考えれば、そんなに高いとは思いません。不便を解消するためにも、そして過去と“訣別”するためにも、レンタルの道を歩もうと思います。

なお、サイトリニューアル&公開の際は、このブログも「新サイトに統合する」という形で公開終了する予定です。もちろん、現在公開中のエッセーは(一部の古いものを除き)削除せず、新サイトに転送するつもりです。

2017年4月15日 (土)

IAとゆかりの「ひらひら ひらら」 - 試行錯誤の初コピー。

ClariSの楽曲「ひらひら ひらら」のVocaloidカバーを12日、ニコニコ動画に投稿しました。前作「ナイショの話」のカバーに引き続き、今回もIAと結月ゆかりによるデュエットです。

制作を始めたのが2月13日。「桜ソングなので4月中に……」という意気込みで制作したのが功を奏したのか、2か月で(動画を含め)完成させることができ、桜が(関東で)見頃の時期に投稿→公開できました。お気に入り&思い入れのある曲だけに、完成したときの喜びもひとしお。

さて、今回もまた、各制作過程の解説と感想を少しずつ。

《伴奏制作(打ち込み)》
インスト音源がない……ということで、今回は伴奏も自分で制作(=耳コピー)しました。既存の楽曲を(MIDI音源用に)コピーしたことは何度かありますが、公開を前提とした本格的なコピーはこれが初めてです。

ドラム、ベース、琴の聴き取り→打ち込みは比較的簡単でしたが、和音で鳴るピアノとストリングス、それに、16分音符刻みで鳴るシーケンスの聴き取りはかなり大変でした。原曲の再生速度を遅くしたり、周波数特性を(EQで)大幅に弄ったりと色々工夫しましたが、結局聴き取れずに“推測”で打ち込んだ箇所も……。

なお、使用した音源は、前々から買って持っていたドラム音源「EZ DRUMMER」、Cubase AI付属の総合音源「HALion Sonic SE」、フリーのシンセサイザー「Synth1」の3種類だけです。1万数千円する琴の音源を買うことも検討していましたが、結局やめました。

《Vocaloid調声》
前作「ナイショの話」のときと同様、表情コントロールパラメーターとVELに特に気を配りました。結月ゆかりの発音の“癖”を改善するのが大変だったのも、前回と同じです。(^^;

4月8日にツイートしたとおり、IAとゆかりの歌声が伴奏に馴染まず、パラメーター(主にBRICLE)を再調整する、という状況が1度だけありました。ミックスで何とかしようとせず、時には“レコーディング”し直すことも必要だと実感した瞬間です。

コーラスパートは、楽譜がなく自分で聴き取らざるを得なかった……ということで、正直、音程にはあまり自信がありません。

《ミックス》
「今後伴奏も自分で制作・ミックスするとなると、かなり悪戦苦闘しそうですね」、前作で抱いた懸念が見事的中しました。(^^; 前作同様、EQとコンプレッサー/リミッターの設定に大苦戦。ボーカルのミックスに難儀したのも前回と変わらず、です。

動画説明文にも書いたとおり、琴の音作りには特に気を遣いました。出だしからソロで鳴る音なので、EQ、コンプレッサー、リバーブの音量、音源のカットオフ周波数、アタックタイム、リリースタイム……等々、設定できるパラメーターを納得の行くまで調節。音源を買うことを視野に入れていたのも、このためです。

ちなみに、今回のミックスで初めて、フェイザー、アンプシミュレーター、マルチバンドコンプレッサー の3種類のエフェクトを使用しました。効果が分かりやすい前二者はともかく、後者を有効活用できたかどうかは正直、微妙ですが……。

《動画・イラスト》
前作「ナイショの話」と違い和風で切ない……ということで、映像効果を(音声波形をあえて表示しないなど)より地味にし、絵も・テキストもその曲風に見合った穏やか かつ 和風のものとしました。おかげでIAとゆかりがまた和服姿に。(^^; 確かに和服姿の女性は好きだけど……。

テキストを縦書きにする、という案もありましたが、IAの製品名「IA —ARIA ON THE PLANETES—」がしっくり来ない……ということで却下に。絵が画面左側、テキストが右側(=前作の逆)なのはその名残です。

なお、イラストはあまはらしさん作の「守護ゆかいあ」を、書体は「こころ明朝体」「うつくし明朝体+」の2種類をお借りしました。

——以上、今回投稿した「ひらひら ひらら」のVocaloidカバー動画についての話でした。次はClariS以外の曲に挑戦してみようかな……。

2017年1月28日 (土)

IAとゆかりの「ナイショの話」 - 初めてづくしの初投稿。

Twitterでも紹介しているとおり、ClariSの4thシングル「ナイショの話」のVocaloidカバーを25日、ニコニコ動画に投稿しました。初めての投稿&Vocaloid作品です。

当初公開する予定はなかったのですが(2016年10月8日のエッセーを参照)、フォローしている歌い手さんの一人に「楽しみにしてます」と期待され、また、ミックス前(=VOCALOID3 Editorによるラフミックス)の段階でワンコーラス試聴していただいたときの評価が好意的だったのを受け、彼女に後押しされる形で公開を決意しました。

さて、この楽曲を投稿するにあたり、Vocaloidの(公開を前提とした)調声とミックスはもちろん、動画の制作も、(明らかに公式絵の見様見真似ですが)イラストの制作も今回初めて行いました。それらについての解説と、作業を終えての感想を少し。

《Vocaloid調声》
できるだけClariS二人の発音に近づけようと、表情コントロールパラメーター、VELOPEは1音符ずつ、元の音源と聴き比べながら念入りに調節しました。冒頭のカウントや合いの手も、自身の音感を頼りに音程・長さ・発音の再現を試みています。

一通り調声を終えて感じたのは、結月ゆかりの発音に(IAに比べて)癖があるということ。ゆかりにだけパラメーターや発音の調整が必要、というパターンが結構あった……。

《ミックス》
ただ歌声を混ぜ合わせるだけ……決してそんな単純な作業ではないということを、始めてすぐに思い知らされました。特にEQとコンプレッサーの設定は試行錯誤の連続でした。何十回調節したことか……。

ボーカルミックスでこの有様なので、今後伴奏も自分で制作・ミックスするとなると、かなり悪戦苦闘しそうですね。(^^; なお、エフェクトはDAWソフト付属のものと、フリーで配布されているものしか使用していません。

《動画》
フリーソフトのAviUtl(とプラグイン)を用いて制作→エンコードしました。テキストの追加も音声波形の表示も(フェード、縁取り等のエフェクト処理を含めて)簡単で、ほかの作業に比べると時間や手間はかかりませんでした。ほぼ静止画だから、というのもあると思いますが……。

なお、使用した書体は「源柔ゴシック」「あずきフォント」「あんずもじ始」の3種類です。

《イラスト》
スケッチ(手描き)、主線の描画、着色、影やハイライトの描画……などなど、すべてClariSの公式イラストなどを(トレースや色の抽出をせず)見ながら行いました。小さい頃から絵を描くのが苦手だったのもあって、全体的に手間がかかり、最初のスケッチだけで12時間もかかっています。(^^; 描いては消し、描いては消しの繰り返しで……。

特にIAの髪には大苦戦。一応“らしく”見えるよう描いたつもりですが、視聴者の方々の目には果たして……。

——以上、今回投稿した「ナイショの話」のVocaloidカバー動画についての話でした。まだ予定はありませんが、今後も好きな女性ポップスのカバーに挑戦していこうと思います。

2016年12月24日 (土)

2016年に聴いた音楽を振り返る。

2016年もあと少しということで、この年に聴いた音楽について振り返ってみました。

まず、昨年12月から聴き始めたニコニコ生放送の「歌ってみた」が、聴く機会・フォローしている(歌い手さんの)コミュニティ共に一気に増えました。今ではほぼ毎日どこかの歌枠にお邪魔している(自称)ヘビーリスナーと化しています。(^^;

それに伴い、Vocaloidオリジナル曲への関心も昨年より更に上昇。40mPさん、koyoriさん、みきとPさん……といった知名度の高い「ボカロP」の曲を買って聴くようになったのも、「歌ってみた」動画を聴いたり、そのCDを買ったりするようになったのも、今年からです。

好きになったVocaloidオリジナル曲は数えられないほど増え、特に40mPさんの「春に一番近い街」「恋愛裁判」、koyoriさんの「恋空予報」、みきとPさんの「アカイト」は、歌枠でもしばしばリクエストしています。VocaloidではなくUTAUオリジナル曲ですが、ポリスピカデリーさんの「曖昧さ回避」も大好きになった1曲です。

Vocaloid以外の女性ポップスでは、ClariS(クラリス)の曲との出会いが一番印象に残っています。初めて出会ったのは今年の3月ですが、歌枠で聴いた「ナイショの話」がきっかけで一気にハマり、ファンになりました。Vocaloid(IAと結月ゆかり)の調声を本格的に始めたのも、この曲のおかげです。

最新のJ-POPが“さっぱり”なのは言うまでもなく、分かるのは「前前前世」と「恋」がヒットしたことくらい。(^^; 同人音楽への関心も、Vocaloidと「歌ってみた」への関心に反比例してか、今年になって急激に減少。今年4月に「M3-2016春」に来場したものの、あまり印象に残っていないのが現状です。

——来年2017年はどんな音楽に出会えるのか。それを楽しみにしつつ、来年も歌枠にお邪魔していきたいと思います。

2016年11月12日 (土)

旧ペンネームとの訣別。

きょう11月12日をもって、ペンネームをniconico・Twitterで使用している「あやかわ」に変更・統一することにしました。以後、今まで当ブログで名乗っていたペンネームは使わず、ブログ名も「あやかわ的Pops Weeks」に変更します。

変更の理由は、今や「あやかわ」として閲覧・視聴・ツイートしている時間のほうが圧倒的に長く、また歌い手やほかのリスナーから「あやかわさん」と呼ばれる機会が増えたためです。ならば知名度の高いそちらの名前に統一してしまおう……ということを前々から考えており、きょう統一に踏み切りました。

10年以上名乗っていたペンネームですが、未練はありません。ブログのURL および TwitterのユーザーID「ayakawa_ho」の ho に面影を残し、今後この場でも「あやかわ」を名乗ろうと思います。

2016年10月 8日 (土)

「ナイショの話」を調声中 - ClariS好きが高じて……

10月1日のエッセーに書いたとおり、最近になってClariS(クラリス)の楽曲、特に4枚目のシングル「ナイショの話」にすっかりハマりました。それが高じて「じゃあ歌ってもらおう」となり、現在、綾川家にいるVocaloid・IA結月ゆかりの二人に(1日1時間程度ですが)歌の“レッスン”をしています。

(実は)以前からVocaloidのインストールは済ませており、使い方の練習を兼ねて既存の楽曲を歌わせたこともありますが、フルコーラスで かつ 二人同時に歌わせるのは今回が初めて。今のところ公開の予定はありませんが、そのつもりで調声作業を進めていこうと思います。

10月7日のツイートにあるとおり、メロディーや合いの手の打ち込みは既に完了しました。リズムや音程が(テンポの早さと相まって)全体的に取りづらく、また、英語の歌詞や合いの手、それに冒頭のカウント「ワン! ツー! ワン・ツー・スリー・フォー!」の再現が難しく、試行錯誤の連続でしたが……。

ちなみに、カウントはこんな感じです(EQ・コンプ済み)。打ち込み・調声合わせて1時間近くかかったのはココだけの話。(^^;

2016年10月 1日 (土)

ClariS(クラリス)の曲にすっかりハマる。

3月19日のエッセーで紹介した「SPRING TRACKS —春のうた—」収録曲に限らず、ここ最近、ClariS(クラリス)の楽曲にすっかりハマっています。ベスト盤以外のアルバムも先週、3枚全部購入しました。

ハマった経緯は以下のとおり。今回もまた、好きな歌い手さんがきっかけです。

  1. 詩音さんの歌枠で「irony」と「ナイショの話」を聴き、ピンと来る。
  2. 「じゃあほかの曲も聴いてみよう」と、Amazon.co.jpでベスト盤「ClariS 〜SINGLE BEST 1st〜」の試聴をしたところ、良曲揃い。
  3. シングル曲以外にも期待し、アルバム3枚全部買うことを決意。
  4. 9月25日(日曜日)に3枚購入。

シングル曲以外も期待どおりで、特に1stアルバム「BIRTHDAY」収録の「メモリー」「graduation」「zutto」、2nd「SECOND STORY」の「ハルラ」「HANABI」「ひとつだけ」、3rd「PARTY TIME」の「かくれんぼ」「Orange」がお気に入り。今更ファンになった私が言うのも何ですが、今後ClariSの曲に触れる方には、アルバムの購入をお勧めしたいですね。良質なバラードが多いので。

……それにしても、9月25日のツイートで触れたとおり、「ナイショの話」の中毒性はすごい。(^^; 曲調といい、合いの手といい。

2016年7月30日 (土)

鷲宮神社ふたたび。

7月18日のツイートに書いたとおり、先週、2014年に訪れたことのある鷲宮神社に再度訪れ、参拝 および 絵馬の奉納(画像参照)をしました。前回と同じく、猛暑と呼べる暑さの中での参拝です。(^^;

画像:奉納した絵馬。内容は「無病息災 歌い手の方々も元気でいられますように。」

前回は縦書き&「綾川」名義で願掛けしましたが、今回は文字のバランスと「Twitterに掲載する」ということをそれぞれ考慮し、横書き&「あやかわ」名義としました。内容も、自身が昨年熱中症になりかけたことと、当時(私がフォローしている)歌い手さん数名から体調不良を訴えるツイートがあったことに因んでいます。生死に関わることなので、本当に気をつけたい/気をつけていただきたい。

ちなみに、この絵馬(の写真)を後日改めて見て感じたことは、7月19日のツイートに書いたとおりです。「あやかわ」が緊張して上手く書けなかったのも悔しい……。

«「君がくれた場所」 - GUMI生誕7周年を飾る良曲。