« 絶対音感と私。 | トップページ | 新しくなったSynth1を試す。 »

2010年5月22日 (土)

Synth1がバージョンアップ。

数少ない国産のソフトウェアシンセサイザーとして有名なSynth1が、4年ぶりにバージョンアップしました。4月23日から5月9日の間に4回連続で更新したらしく、バージョンは一気に1.11に。

1.07のバージョンでも十分多機能・高性能だったSynth1ですが、今回の更新でサブオシレータ、位相コントロール機能、最大発音数、バンクの数などがそれぞれ追加・拡張され、さらに使いやすくなったように思います。一方、DXi版を廃止し、SSE2対応のCPUを必須とするなど、古いDTM環境に「見切り」をつけた模様。

Synth1を愛用している私も、もちろん1.11にバージョンアップし、新機能を音色作りに生かす予定です。ただ、「1.07でないと思ったとおりに鳴らない」という音色があるかもしれないので、しばらくは1.07も残しておこうと思います。

(2010年6月5日追記)
5月23日に、システム面を中心に再びバージョンアップしました。詳しくはSynth1の公式サイトをご覧ください。

« 絶対音感と私。 | トップページ | 新しくなったSynth1を試す。 »

作曲・DTM関連」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/142759/34825635

この記事へのトラックバック一覧です: Synth1がバージョンアップ。:

« 絶対音感と私。 | トップページ | 新しくなったSynth1を試す。 »