« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月26日 (土)

上り坂渋滞を初めて体験。

仕事の都合で群馬県沼田市に行ってきた帰り、沼田ICから関越自動車道に乗りました。渋滞情報も工事の情報もなかったので、100km/hのペースでスムースに走れるだろうと期待していましたが、見事に裏切られました。

緩い上り坂にさしかかった途端、それまで順調だった流れが一気に悪くなり、2車線とも80km/h台にまでペースダウン。いわゆる「上り坂渋滞」の一歩手前の状態になりました。上り坂が渋滞の要因になることは知っていましたが、高速道路で体験したのは今回が初めてです。

その坂の手前には「この先上り坂 速度低下注意」のように書かれた標識があり、ドライバーに速度を落とさないよう注意を促していましたが、それでも渋滞は発生しかけてしまいました。上り坂で失速しても気づかないドライバーや、エンジンの出力を十分に上げられないドライバーがいることの表れと言えます。

荷物を満載したトラックならともかく、乗用車なら、エンジンの出力を少し上げれば、失速することなく高速道路の坂を登りきれるはず。ドライバー一人ひとりがそれを心がければ、上り坂渋滞も少なくなると思うのですが……。

2011年2月 5日 (土)

Ubuntuへの引っ越しを無事(?)完了。

2週間前に予告したとおり、パソコンの組み立て および Ubuntuのインストールを行いました。組み立ての際に小さなトラブル(後述)があったのを除けば、組み立て・インストール共に問題なく終わり、Ubuntuも正常に動作しています。

ノートパソコンに入っていたデータの「引っ越し」も、必要なプログラムの追加も、周辺機器(プリンタなど)の接続・認識も無事に済み、今ではもうUbuntuユーザーの一人です。「閉じる」「最小化」「最大化」ボタンの位置――Windowsはタイトルバーの右隅、Ubuntuでは左隅にある――や、シャットダウンの仕方にはまだ慣れていませんが、それら以外は特に違和感なく使えています。

便利だと感じたのは、プログラムの検索・追加・削除と、インストール済みのプログラムの確認が「Ubuntuソフトウェアセンター」だけでほぼ可能だという点です。削除の方法がプログラムによって違う――アンインストールが必要なものと、「ごみ箱」に入れるだけでよいものが混ざっている――というのが正直煩わしかったので、この機能は助かります。

さて、先に「小さなトラブルがあった」と書きましたが、実は、CPU付属のクーラーを取り付けの際に壊してしまい、別売りのものに取り替える羽目になりました。幸い、出費は2,000円程度で済みましたが、中古CDが数枚買える値段ということを考えると、ちょっと痛い……。壊したクーラーはもちろん、活躍の場を一度も与えることなく「お蔵入り」に。(^^;

そんなトラブルがありつつ、Ubuntu搭載パソコンへの移行が完了してホッとしている今日この頃です。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »