« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月29日 (土)

違法コピーの曲に手を出してしまう一つの事情。

音楽業界が問題視しているように、違法にコピーされた楽曲も、それらを(違法コピーと知りつつ)聴いたり入手したりする人も数多く存在します。前者は言うまでもなく違法行為であり、後者も入手(要するにダウンロード)に限り違法 (*1) ではありますが、私は「やむを得ないところもある」と考えています。

そう考える理由が、入手困難な楽曲の存在です。例えば、以下の種類のCDはその性質上ほとんど(特に新品では)販売されておらず、聴きたい曲がそれらにしか収録されていなければ、CDの「手に入れにくさ」にもよりますが入手に苦労するはずです。

  • 8cmのシングルCD。
  • 知名度の低いアーティストのCD。
  • ゲームの初回特典 および 予約特典。
  • 「コミックマーケット限定」などの限定販売品。
  • 人気があるにもかかわらず生産終了した同人音楽CD。

探してもなかなか見つからなかったり、見つけても「希少価値」が付いていて手を出せなかったりすれば、「聴きたいのに聴けない」というもどかしさが募るでしょう。その曲 もしくは そのアーティストに強い興味や愛着があれば、なおさらです。

そんな楽曲のコピーがインターネット上に存在し、気軽に試聴・入手できるとしたらどうでしょう。時間的にも・金銭的にもコストがかからず、もどかしさを解消してくれる以上、それらに頼ってしまうのも無理はありません。CDを入手できるまでの間だけ、コピーで我慢するという人もいるでしょう。

違法コピーされた楽曲に手を出すことに対し、「それは違法だ」と指摘するのは簡単です。しかし、そうしなければ試聴することすらままならない曲が多数存在すること、そして、そのために「やむを得ず」違法コピーに頼っている人がいることを、理解・考慮していただきたい。

特典や限定販売の曲はともかく、それ以外の曲の「希少価値」が発展的に下がり、違法コピーに頼ることなく、より手軽に試聴・入手できる環境になることを望んでいます。

(*1) 2010年の著作権法改正により、違法コピーされた著作物の(それを知りつつ行う)ダウンロードが「私的使用」の例外、つまり禁止となりました。

「なでしこドリップ」のBGMが秀逸だった。

今週、「なでしこドリップ」というゲーム (*1) のサウンドトラックを「ジャケ買い」しました。同ゲームの予約特典らしい(メーカーのサイトで確認済み)のですが、なぜか中古・単品で売ってました。(^^;

実は、ゲームのサウンドトラックは最近「満腹気味」なのか買っておらず、このCDも「とりあえず聴いてみるか」というノリで買ったもので、内容にはあまり期待していませんでした。しかし、初めの数曲を聴いて気持ちが一変、今では「いい買い物をした」と感じています。

タイトルに含まれる「なでしこ」からイメージできるような和のテイストの曲が意外に少なかったものの、良い意味で当たり障りのない、ジャケットの作風どおりのリラックスした雰囲気の曲が多かったです。やはり、BGMは妙に個性的なものより「普通の」ものに限りますね。

明るい曲、静かな曲ともに「はずれ」だったのはほんの数曲で、「咲きかけのつぼみ」「サマーバケーション」「甘やかな香り」の3曲が特にお気に入りです。「ちんまい福の神」も、のほほんとした、旅番組で流れてきそうな曲調でクセになりそう。(^^;

(*1) アダルトゲームのため、あえてリンクを張っておりません。

2011年10月15日 (土)

フィギュアの「困った!」3連発。

フィギュアに興味を持ち、中古で買い始めてまだ1年数ヶ月の私ですが、早くも3回「困ったこと」に遭遇しています。

〈1. 少しの揺れで倒れる〉
3月11日に発生した大地震で倒れてしまったのは仕方ないとして、棚を少し動かしただけで(スタンドから外れる形で)倒れてしまうフィギュアがあるというのには、正直参りました。本体とスタンドの凹凸の噛み合わせが悪かったので、おそらく製造不良 もしくは 落下等で変形したのだと。

〈2. スタンドが壊れていて立てられない〉
上記のフィギュアを購入した数週間後、今度はスタンドの凸部が壊れているフィギュア(中古)を購入してしまいました。もちろん、壁などの支えがないと立たないうえ、立っているのがやっとなため少しの揺れで……。私好みの制服だっただけに残念。

なお、上記2つのフィギュアは現在、再び倒れて傷が付かないよう箱に保管しており、いずれ手放す予定です。

〈3. 保護シートの剥がし方が分からない〉
10月上旬に、柚原春夏 (ToHeart2 AnotherDays) のフィギュアの未開封品を購入しました。本体を覆っていた保護シートを1枚ずつ剥がしていきましたが、スカートとエプロンを覆うシート3枚をどう剥がせばよいか分からず、大いに悩みました。箱にも中身にも、説明らしきものは見あたらず。

ハサミで切ることも考えましたが、翌日、上半身・エプロン・スカート・下半身の4つに分けられることをWebで知り、無事にシートを剥がし終えました。もちろん、剥がした後は(やむを得ず)外した服をきちんと着せてから、自室に飾っています。(^^;

今後もフィギュアを買う限り、このような「困ったこと」はいずれ――中古なら特に――起こるでしょうね。2の二の舞だけはもう勘弁ですが。

2011年10月 1日 (土)

フィギュアを扱うお店 in 群馬。

群馬県内にある中古フィギュアを扱っているお店を、知っている限り挙げてみました。フィギュアはもちろん、ゲーム、おもちゃ、模型、CD・DVDなどを探す際の参考になれば幸いです。

(2014年9月29日に更新しました)

(余談)
9月19日の「ひとり旅」にて6,000円台で買ったフィギュアが、ガラクタ鑑定団 太田店に2,000円台で売ってました。あぁ、私の4,000円……。

「センチメンタルジャーニー」のCDをまとめて購入。

アニメ「センチメンタルジャーニー」のキャラクターソングCDが12枚セット (=Box) で売っていたので、迷うことなく購入しました。発売していたことさえ知らなかったのですが、今までに聴いた「センチメンタルグラフティ」シリーズの曲が全体的に私好みだったので、それを期待しての購入です。

箱に入っていたCDが昔懐かしの(笑)8cmシングルだったことと、各キャラクターが主人公宛に書いた「恋文」が添えられていたことに衝撃を受けつつ、1枚(=1人1曲)ずつ順番に聴いてみました。画風の鮮やかさに合わせてか、「〜グラフティ」のCDに比べ、全体的に明るい曲・アップテンポな曲が多かったです。何曲かキャラクターのイメージとの「ずれ」を感じた曲もありましたが、さほど気にはならず、今回も良作ぞろいでした。

「〜グラフティ」のキャラクターソングを聴いてピンと来た人には、間違いなくお勧めできるCDです……が、入手は困難かもしれません。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »