« M1 Leの認証 - DAW自体はオフラインでも構わない。 | トップページ | 「ゆるゆり」を思い浮かべてしまったこの曲。 »

2011年12月17日 (土)

嫌いなのは「最近のJ-POP」ではなく……

「最近のJ-POP」が嫌いだという人を、Web上で時々見かけます。アニメソングとの比較でそのようなことを口にする、言わばJ-POPへのネガティブキャンペーンを行なっている人も(残念ながら)います。

私も深夜アニメの主題歌やキャラクターソングに関心のある(ややオタク寄りの)一人ですが、「最近のJ-POP」は決して嫌いではありません。確かに年に数枚しか買いませんが、北乃きいさんの「サクラサク」を発売日当日に買ったり、新垣結衣さんのアルバムをCDショップでまとめ買いしたり(12月に行なった)、FMぐんまで流れてきた最新のJ-POPに聴き入ったりして、女性ボーカルに偏りつつも楽しんで聴いています。

そんな「最近のJ-POP」嫌いでない私ですが、昨今のヒット曲によく見られる、ボーカルや歌詞が汚い――「拙い」という意味ではない――曲や、ラップの含まれている曲は正直嫌いです。雰囲気やメロディがどんなに私好みでも、それらを耳にするだけで興醒め(=買わないことが決定)してしまいます。青山テルマさんの「そばにいるね」を筆頭に、女性ボーカルだけならピンと来るのに、男性ボーカルがそれを台無しにしている……というJ-POPが最近多く、女性ポップス好きとして残念です。

ただ、それを嘆いてばかりはいられませんし、そのような「時代の流れ」を作った音楽業界を批判するつもりもありません。今までどおり、J-POP――アニメ主題歌やキャラクターソングもその範疇――の中から、自分の好みにあった曲を新旧問わず選んで・探して聴いていこうと思います。

« M1 Leの認証 - DAW自体はオフラインでも構わない。 | トップページ | 「ゆるゆり」を思い浮かべてしまったこの曲。 »

つぶやき・雑考・思うこと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/142759/43416437

この記事へのトラックバック一覧です: 嫌いなのは「最近のJ-POP」ではなく……:

« M1 Leの認証 - DAW自体はオフラインでも構わない。 | トップページ | 「ゆるゆり」を思い浮かべてしまったこの曲。 »