« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月25日 (土)

→Pia-no-jaC←のライブが伊勢崎で開催。

ピアノとカホンによるインストゥルメンタルユニット →Pia-no-jaC←(ピアノジャック)のライブが5月19日、群馬県伊勢崎市にて開催されます。詳しくは、会場となる伊勢崎市境総合文化センターのサイトをご覧ください。

私も、ラジオ番組「ONCE」へのゲスト出演をきっかけに→Pia-no-jaC←に注目し始め、激しいながらも「和」の香りのする演奏、特にオリジナル曲の虜になっています。CDも「風神雷神」を1月に購入したほか、YouTubeでも度々彼らの演奏を聴いています。

もちろん、5月19日のライブに私も参加し、迫力ある演奏を生で体感するつもりです。2009年9月に行った上松美香さん(アルパ奏者)のコンサート以来、久しぶりに。

2012年2月 4日 (土)

桂ヒナギクのアルバム再び。

桂ヒナギク(声:伊藤静さん)の2枚目のアルバム「HiNA2 Spring has come!!」が去年12月に発売していたことを知り、今週、Amazon.co.jpで試聴→購入しました。前作「HiNA」を企画物の1枚だとばかり思っていて、「まさか2枚目はないだろう」と完全にスルーしていました。(^^;

11曲目「本日、満開ワタシ色!」がかなりコミカル――私も最初の数秒で引いてしまった――なのを除けば、前作「HiNA」と同様、J-POPとして違和感なく聴くことのできる曲ばかりです。もちろん、桂ヒナギクのことをまったく知らなくても、マンガ・アニメに興味がなくても問題なく聴けます。

今までにキャラクターソングを色々と「品定め」してきた私ですが、今回のアルバムの中身には(女性ポップス好きとして)大満足で、通販では滅多にやらない「試聴して即注文」に至ったほどです。特に「Teenage Diary」「キミに「好き」と言えたら」「TOMORROWスケッチ」の3曲が大のお気に入り。

なお、淡く切ない感じのジャケット(初回盤は特にそう)とは対照的に、穏やかな曲は「Tiny Star」1曲くらいで、激しい曲・アップテンポの曲がほとんどです。ヒナギクのファンでない限り「ジャケ買い」はできるだけ避け、Amazon.co.jpなどで一度試聴してみることをお勧めします。(^^;

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »