« コンサート帰りのこだわり。 | トップページ | 「鉄道むすめ」のキャラクターソングを試聴。 »

2012年5月26日 (土)

「→Pia-no-jaC←」ライブの感想 - やはり生演奏の迫力はすごい。

2月25日のエッセーで宣伝したとおり、5月19日に→Pia-no-jaC←(ピアノジャック)のライブを聴きに行ってきました。

開場30分前(17時30分)の時点で、立って話をしている人、ソファーに座って待っている人、グッズを買う人……とロビーはお客でいっぱいに。私が見渡した限り、年齢層は10代から中高年と幅広く、また女性のほうが多かったです。年齢層はともかく、男性のほうが多いと予想していたので意外でした。

予定よりやや遅い18時35分ごろ、カホン担当のHIROさん自ら注意事項(撮影禁止等)を読み上げたのち開演。始めのうちは会場全体に響きわたる大音量、特にカホンから放たれる(増幅された)重低音に圧倒されていましたが、次第に耳も身体も慣れていき、開演して数分後にはもうノリノリに。やはり生演奏の迫力は、CDで聴いたのとは比べ物にならないほどすごいですね。

ノリノリの曲が多い中、淑やかな曲も2曲――「雪月花」と「花火 〜HANABI〜」――演奏され、前者を聴いたときは涙が出そうになりました。映画やドラマを見ても泣くことのない私ですが、生で聴く感動的な曲にはとても弱いです……。

アンコール後の最後の曲で大いに盛り上がった状態のまま、21時30分ごろにライブが終了。3度目のコンサートにして初の大迫力のライブに、終わったときには薄着にもかかわらず汗びっしょりに。覚めやらぬ興奮状態のままアルバム「暁」を購入し、自宅へと帰りました。

帰宅後すぐ、買ったばかりの「暁」を聴いて「おさらい」をしたのは言うまでもありません。生で聴きたいと思っていた「台風」や「Jack 2011」も聴け、今回のライブに大満足しています。

« コンサート帰りのこだわり。 | トップページ | 「鉄道むすめ」のキャラクターソングを試聴。 »

音楽紹介・レビュー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/142759/45420763

この記事へのトラックバック一覧です: 「→Pia-no-jaC←」ライブの感想 - やはり生演奏の迫力はすごい。:

« コンサート帰りのこだわり。 | トップページ | 「鉄道むすめ」のキャラクターソングを試聴。 »