« 2013年5月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月20日 (土)

中野ブロードウェイに行ってきました。

長野県内を「ひとり旅」してから1週間もしないうちに、今度は「サブカルチャーの聖地」と言われる中野ブロードウェイに車で行ってきました。

きっかけは、建物内にまんだらけが何軒も――マンガ、同人誌、CD・DVD、カード、フィギュアなど品目別に――お店を構えているのを知ったため。秋葉原よりも近くて行きやすい、ということも併せて知り、まんだらけ以外のお店についても(主に取り扱う商品と場所を)きちんと調べた上で、平日の朝出発しました。

午前11時に三芳PA(Pasar三芳)で昼食を済ませ、中野ブロードウェイに到着したのが午後12時15分。平日の昼間ということもあってか、建物内は思ったよりも人が少なく、お店からお店への移動も、商品のチェックも(ほかのお客に気を遣わなくて済むぶん)比較的スムーズでした。

ただ、肝心の「戦利品」は、中古フィギュア2体、中古CD3枚(すべて市販品)、アニメ・ゲーム関連雑誌3冊と、今回もあまり芳しくありませんでした。長野のときと同様、目当ての同人CDは一枚も手に入らず。秋葉原にも当てはまりますが、あまり過度な期待をせず、「あったらラッキー」くらいの気持ちで回ったほうが良いのかもしれないですね。

約3時間しかおらず、買ったものも少なめでしたが、「サブカルチャーの聖地」というキャッチコピーに偽りのない、「濃い」場所だということは十分すぎるほど実感しました。建物の造りが全体的に古く、また、「CURE MAID CAFÉ」のような正統派のメイドカフェが(2013年7月現在)ないのが残念ですが、それらを差し置いても、今後も行く価値がありそう。屋外を歩き回る必要もないですし。

(余談)
まんだらけの名物と言われているコスプレ店員ですが、3階にある「本店2」で見かけました。誰のコスプレなのかまでは分かりませんでしたが……。

2013年7月13日 (土)

CDショップ巡りふたたび - 最初で最後の「長野行き」。

2013年が早くも後半に突入したというのに、まだエッセーを(今週の分を含め)6件しか投稿していないことに今さら気づいた私です。2か月に1回というペースは、やはり遅すぎでしょうか。(^^;

さて、年に数回行っている「ひとり旅」ですが、今週は長野県内の中古CDショップを(仕事のなかった)平日に巡りました。通ったのは、長野市から国道18号を経由して佐久市に向かうという、中央から東部にかけてのエリアです。

約12時間(6時〜18時)、走行距離約300km、かかった高速料金3,450円という、1月に行った秋葉原への「ひとり旅」に匹敵する長旅となりましたが、「戦果」もそのときと同様、あまり芳しくありませんでした。具体的には、フィギュアは1体も買うに至らず、CDも中古の9枚(すべて市販品)のみ。

伊勢崎店や熊谷店にも言えることですが、万代書店長野店に「東方」以外の同人音楽CDがほとんどなかったのはかなり痛かったです。高崎店や川越店のような(比較的良い)品揃えを期待していただけに、残念。

この現状を含め、「割に合わない」ということがよく分かったので、長野への「ひとり旅」はこれで(用事がない限り)最後にしようと思います。帰り道にPASAで何かおみやげでも買えば良かった……と今さら後悔。(^^;

« 2013年5月 | トップページ | 2013年8月 »