« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月10日 (土)

五十鈴華ふたたび - イメージどおりの歌声。

アニメ「ガールズ&パンツァー」の登場人物 五十鈴華(声:尾崎真実さん)のキャラクターソングCDがアニメイトに売っているのを見て、新品にもかかわらず“ジャケ買い”しました。2月に組み立てて完成・展示したフィギュア以来、彼女に関連する商品は二つ目です。

上記のアニメを観たことも、彼女の声を(公式サイト、YouTube等で)聴いたことさえ一度もなく、言ってしまえば、フィギュアを組み立てたときに感じた彼女の印象――それだけで購入に踏み切りました。清楚で淑やかな雰囲気から「しっとりとした曲を歌ってそう」と勝手に推測しながら。

その推測は1曲目「咲いたはな」で見事的中し、曲調・歌声共に、私が購入前にイメージしていたとおりの“しっとり系”でした。いわゆるアニメ声の要素も薄いので、知らない人が聴いたらキャラクターソングだと分からず、普通の女性ポップスだと思われそう。

そんな1曲目から一転、2曲目の「なんて素敵な理想像!」はかなり明るく、華もしっとりした歌声はそのままに、だいぶ“はっちゃけた”感じで歌っています。作中での彼女の活躍は知りませんが、ちょっとイメージと違うかも……。

それはともかく、1曲目が予想していた以上に私好みだったので、今回の“ジャケ買い”は成功したといえるでしょう。同作品のほかのキャラクターの曲はどんな感じなのか、一通り試聴してみようと思います。

2014年5月 3日 (土)

「まどか☆マギカ」のビーフカレーが美味だった。

アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」も、その劇場版も一度も観たことのない私ですが、先々週立ち寄ったアニメイトで売っていた「まどか☆マギカ ビーフカレー」には見た瞬間に興味を惹かれ、半ば衝動的に一箱購入しました。以下のパッケージに釣られたと言っても過言ではありません。

写真: まどか☆マギカ ビーフカレー(パッケージ表)

ブログ「水野とうきHP」の記事によれば、元々は2013年11月に札幌市で開催された「魔法少女まどか☆マギカ 複製原画展」の記念グッズとして限定販売していたもので、売れ残ったためアニメイト等の店舗で扱われているようです。やはり、一箱500円(+税)とレトルトカレーとしては高価なため、買うのをためらう来場者が多かったのでしょうか。

ジャケ買いならぬ「パケ買い」をした私も、買った当時は内心「高い」と思っていました。しかし、実際に食べてみて考えが一変、今では「500円払ってでも試す価値あり」という評価に至っています。全体的に、特に北海道産の牛すじの口当たりがまろやかで、純粋にカレーとして美味しい。スパイスもそんなに強くなく、やや甘口寄りの中辛といった感じです。

私の大好きなレトルトカレーの一つに地元・群馬県産の「赤城牛ビーフカレー」(1個430円・税込)(*1) があるのですが、これに勝るとも劣らない、本当に美味しいカレーに久しぶりに出会いました。正直、キャラクターグッズ――というより、限定販売にしておくのがもったいない位です。

久しぶりにカレーで感動したので、食べられなくなる前にと、食後すぐに4箱、アニメイトの通販サイトで(在庫があったので)追加注文してしまいました。(^^; まだ試していない、同じく限定販売の「まどか☆マギカ ポークカレー」も一緒に。

(注釈)
(*1) ただし、「まどか☆マギカ ビーフカレー」よりスパイスが強く、私は甘口でないとまともに食べられません(汗だくになってしまう)。CoCo壱番屋のカレーも同様です。

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »