« 五十鈴華ふたたび - イメージどおりの歌声。 | トップページ | 川田まみさんの「My Friend」 - 動画で耳にして購入。 »

2014年6月 7日 (土)

鷲宮神社に行ってきました。

関東最古の大社として、そして今日はアニメ「らき☆すた」の“聖地”の一つとして有名な鷲宮神社(わしのみやじんじゃ。埼玉県久喜市)に、6月1日の朝参拝に訪れました。

「らき☆すた」をきっかけに名前を知った鷲宮神社ですが、実を言うと、つい最近まで場所をまったく知らず、ずっと“遠い存在”だとばかり思っていました。(^^; 加須ICから車で数kmほどの距離にあるのを知り、「それなら、次に埼玉を『ひとり旅』するときに立ち寄ろう」と考え、先週実行するに至ったわけです。

季節外れの暑さの中、群馬県内にある自宅から車を走らせること2時間半。思いのほか狭かった(20台分程度)駐車場に車を停め、初めて訪れた記念として鳥居を境外(けいがい)側から――念のため撮影許可を得た上で――撮影したのち、一礼して境内へと入りました。

写真: 鷲宮神社の鳥居(境外側から撮影)

境内は予想していたほど広くなく、全体的な雰囲気も(当然といえば当然ですが)オタク文化とは無縁の、ごく一般的な神社という感じでした。ただ1か所、本堂に向かう道の途中にある「絵馬掛け所」を除いて。

写真: 鷲宮神社の「絵馬掛け所」

かなりの人が“聖地巡礼”に来たのでしょう、願い事の書かれた絵馬に交じって、アニメやゲームのキャラクターが描かれた絵馬、通称「痛絵馬」が数多く奉納されており、ある種の異様さを醸し出していました。作品元は多種多様でしたが、やはり「らき☆すた」と「けいおん!」、それにゲーム「艦隊これくしょん -艦これ-」の絵が特に多かったです。

その中でも、私が一番印象に残った「痛絵馬」がこちら。HTBのバラエティー番組「水曜どうでしょう」と「けいおん!」を掛け合わせた作品です。

写真: 痛絵馬「軽音どうでしょう 初めてのアフリカ」

どうやら、同人作家の水原竜也さんが1月に奉納した絵馬のようです(帰宅後に調べました)。「かなり色褪せてました」と、この場を借りて報告させていただきます。(^^;

さて、せっかく神社に訪れたのだからと、私も本堂で参拝したのち、交通安全のお守りと絵馬を一つずつ受け、その場で絵馬を奉納しました。願い事は以下のとおりです(普通すぎてゴメンナサイ)。

写真: 奉納した絵馬。願い事は「ずっと健康でいられますように。」

実を言うと、絵馬に願い事を書くのも、ペンネームを(名字に当たる部分だけですが)手書きしたのも今回が初めてで、緊張で文字がうまく書けなかったのを今でも悔やんでいます。「らき☆すた」の挿入歌と自身の年齢にちなみ、後ろに「三十路岬まであと1km」などと書いても良かったのですが、結局やめました。(^^;

そして最後に、先ほど頂いたばかりのお守り(フック付き)を車の鍵に掛け、鷲宮神社を後にしました。1年後、お焚き上げのために再度訪れるかどうか――頂いた神社・寺院に返すのが基本なので――検討中です。

« 五十鈴華ふたたび - イメージどおりの歌声。 | トップページ | 川田まみさんの「My Friend」 - 動画で耳にして購入。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/142759/56432085

この記事へのトラックバック一覧です: 鷲宮神社に行ってきました。:

« 五十鈴華ふたたび - イメージどおりの歌声。 | トップページ | 川田まみさんの「My Friend」 - 動画で耳にして購入。 »