« 2014年7月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月27日 (土)

M3に行こうか考え中。

毎年春と秋に開催される音楽・メディアミックス系の同人即売会 M3。今年10月26日(日曜日)に予定されているその即売会に、初めて行ってみようと考えています。

同人音楽サークル「桜ノ咲音響産業」のCDと仲村芽衣子さんのお顔拝見、この二つが主な動機であり、特に前者は、この機会に全部買い揃えるつもりでいます。「イベントでのみ頒布」という方針ゆえ、お店や通販での購入は(中古品を偶然見つけたりしない限り)ほぼ不可能ですから。

それに、即売会での試聴 および 作品の購入を通じて、今までに見聞きしたことのないサークル・曲・歌手の存在を知り、視野を広げたいという狙いもあります。時間と機会があれば、出展者の方とも話がしてみたいですね。

開催まであと1か月。行くとしたら、M3のカタログ(必須)、CDの試聴に使うポータブルCDプレーヤー、それに(電車賃を含めた)十分な額のお金が必要となりますね。前もって用意しておかないと。

光学ドライブを交換 - リッピングの効率化を図って。

Blu-ray Disc (BD) 対応の光学ドライブ BDR-209(Pioneer製、内蔵型)をパソコンショップで買い、今まで使っていたDVDドライブと交換しました。BDの読み書きはあくまでも“おまけ”で、音楽CDのリッピング、つまりパソコンに取り込む作業の高速化が一番の目的です。

本来、音楽CDであれば数分で終わるはずのリッピングですが、私の(ドライブ交換前の)環境では1枚あたり15〜20分とかなり遅く、しばしばストレスを感じていました。原因が分からなかった当時は、OS (Ubuntu) との相性が悪いのか、使っていたソフトウェア (soundKonverter) が悪いのかと、必死に“犯人捜し”をしていたものです。

原因がDVDドライブにあると分かったのは、「一部の光学ドライブ(主にLG製)は静音化のため読み込み速度が制限されており、そのためリッピングに時間がかかる」という事実を以下のサイトやブログを見て知ったため。要するに、CDやDVDを再生する際に働く静音化機能が、リッピング時に大きな障害となっていたわけです。

実際、私が今まで使っていたDVDドライブも、LG製の GH24NS50 という静音化機能付きの、言うなれば読み込みの遅いものでした。レビューサイトやブログで事前に「リッピングが遅い」という評判を見聞きしていたら、絶対に選んでいなかったでしょうね……。

もちろん、光学ドライブをBDR-209に交換したことで、リッピングの速度は劇的に――というより、本来あるべきレベルにまで向上しました。お風呂に入っていられるほどの長い待ち時間とも、これで“おさらば”です。

« 2014年7月 | トップページ | 2014年10月 »