« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月 2日 (土)

「しあわせグラフィティ」 - 単なるネタ曲と思いきや……

今年の1月〜3月に放送されたアニメ「幸腹グラフィティ」の次回予告のテーマ「しあわせグラフィティ」を目当てに、その曲が収録されているCD「笑顔になる」を今週、新品で購入しました。

次回予告で聞こえる歌詞が歌詞だけに、深夜アニメによくある“ネタ的な”キャラクターソングだと思っていましたが、良い意味で見事に裏切られました。まさか歌謡曲だったとは……。(^^; 全体的な曲調、キラキラしたイントロ、歌手二人のハモリ、間奏を飾るアコースティックギターの音色 などなど、あらゆる所から昭和歌謡特有の哀愁感が伝わってきます。

おそらく、しばらくの間この曲を聴かない日はないでしょうね……。そのくらい“中毒性”の強い曲です。(^^;

(追記)
まさかの公認でした。アニメ公式サイトの「特集一覧」にて、以下のようなアイコンが配布されています(全3種)。

アニメ「幸腹グラフィティ」のアイコン「予告中毒中!!」

「モンハンどうでしょうClassic」を視聴。

「モンハンどうでしょうClassic」という動画がシリーズで公開されているのをニコニコ大百科で知り、「水曜どうでしょう」のノリを期待して(アカウントを取得したばかりの)ニコニコ動画で一通り視聴しました。

本家さながらのオープニングに始まり、プレーヤーのやり取り、縦書きの字幕、使用しているフォント、場面が切り替わるタイミング、そしてエンディングと、最初から最後まで期待どおりの「どうでしょう」クオリティーでした。地声なのか、真似ているのかは分かりませんが、プレーヤーの声もそこはかとなく大泉洋さんや藤村忠寿ディレクターの声に似ています。

モンハンことゲーム「モンスターハンター」シリーズのことを「巨大なモンスターを討伐するゲーム」程度にしか知らない私ですが、まったく問題ありませんでした。迫力のあるゲーム画面、プレーヤーたちによる面白おかしいトーク、それに先に挙げた「どうでしょう」らしい演出を観て・聴いているだけで十分楽しめます。

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »