« 2015年6月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年10月31日 (土)

M3-2015秋 - 2度目の参加もやはり順調。

10月25日・日曜日に開催された「M3-2015秋」。2度目の一般参加となった今回も、初めて参加した「M3-2014秋」同様、サークル巡りは至って順調でした。

開催地の東京流通センターに(電車を乗り継いで)到着したのが11時30分頃。やはり「開場直後」と「30分後」の違いは大きく、行列に並ぶことなくすんなり入場できたほか、入場した時点での込み具合も(それだけが原因とは言い切れませんが)控え目でした。おかげで一度も窮屈さを感じずに済み、最初に入場した第一展示場も昨年より数段回りやすかったです。

サークル前での順番待ちも、最初に回った「Pumpkingdom」で1分ほど待ったくらいで、あとは昨年と同様、ほとんど待つことなく目当てのサークルのCDを買って回れました。午後に入場した第二展示場で1度「頒布者が退出中」という事態に遭遇したものの、10分後(ほかのサークルを回っている間に)戻ってきたため事なきを得ています。仲村芽衣子さんの新譜「雪纏ノ乙女」ももちろん、芽衣子さんのお顔を拝見しつつ1枚ゲット。

途中昼食を摂りつつ、目当てのサークルをすべて回り終えたのが午後2時30分。その後は、買ったCDの配達を(箱詰めした上で)依頼 → 秋葉原に移動して同人ショップをハシゴ → 東京駅から新幹線に乗って移動――という、昨年とほぼ同じ流れで群馬県へと帰りました。計21枚で約14,000円、昨年より遥かに少なめの、それでいて満足の行く“収穫”を得られた今回のM3です。これなら親に怒られずに済みそう。(^^;

2015年10月17日 (土)

「Lily Flower」 - 初めてハマった“ゆかいあ”ソング。

VocaloidのIA(イア)結月ゆかりの歌う「Lily Flower」(作詞・作曲: mokemokeさん)を試聴して気に入り、先月、この曲が収録されているCD「Dreamin' POP」をとらのあなの通販で購入しました。

二人には1年以上前から(歌手としても、キャラクターとしても、製品としても)関心があり、ソロ・デュエット共に何曲か聴いてきましたが、歌声を聴いてピンと来たのはこのデュエット曲が初めて。VocaloidのCDを(ジャケ買いではなく)「曲を気に入った」という形で買ったのも、dorikoさんの「花束 〜the best of doriko feat. 初音ミク〜」以来実に3年ぶりです。

プロデューサーのmokemokeさんが巧く調声してくれたのでしょう、IAとゆかり、二人のハモリが実に心地良く、歌詞の世界観――「Lily Flower」という曲名から察しがつくと思います――やそれを漂わせるメロディーにも見事にマッチしています。曲調が(4つ打ちでありつつも)激し過ぎないところや、キーが高過ぎず歌いやすいところも好印象。Vocaloidの歌声を聴いて感じることの多い“不自然さ”も、あまり感じませんでした。

久しぶりに買って聴いたVocaloidのCD、そして初めて気に入った「ゆかいあ」こと結月ゆかりとIAのデュエット曲。今後も二人の曲に限らず、良質かつ自分好みの「ボカロ曲」に出会えることを期待したいと思います。

M3-2015秋に向けて準備中。

前回の投稿から4か月もの間“放置プレイ”をしてしまい、「さすがにこれはマズイ」と反省している今日このごろです。(^^;

さて、前回訳あって(一般での)参加を見送った音系・メディアミックス同人即売会「M3」ですが、10月25日・日曜日に開催される「M3-2015秋」にて、2度目の一般参加を予定しています。

入場に必要なカタログは10月上旬に通販で(ほかの同人誌と一緒に)入手しており、現在、どのサークルのどのCDを買おうか、最終確認をしているところです。前回対象に入れていなかったVocaloidのCDも、今回は試聴して気に入ったものをいくつか買うつもりでいます。

……とはいえ、初参加の「M3-2014秋」で(CD代だけで)約65,000円も費やしてしまった――そして親から怒られてしまった――反省から、今回は抑え目でいこうと思います。多くても半分の30,000円くらいに。(^^;

« 2015年6月 | トップページ | 2015年12月 »