« 旧ペンネームとの訣別。 | トップページ | IAとゆかりの「ナイショの話」 - 初めてづくしの初投稿。 »

2016年12月24日 (土)

2016年に聴いた音楽を振り返る。

2016年もあと少しということで、この年に聴いた音楽について振り返ってみました。

まず、昨年12月から聴き始めたニコニコ生放送の「歌ってみた」が、聴く機会・フォローしている(歌い手さんの)コミュニティ共に一気に増えました。今ではほぼ毎日どこかの歌枠にお邪魔している(自称)ヘビーリスナーと化しています。(^^;

それに伴い、Vocaloidオリジナル曲への関心も昨年より更に上昇。40mPさん、koyoriさん、みきとPさん……といった知名度の高い「ボカロP」の曲を買って聴くようになったのも、「歌ってみた」動画を聴いたり、そのCDを買ったりするようになったのも、今年からです。

好きになったVocaloidオリジナル曲は数えられないほど増え、特に40mPさんの「春に一番近い街」「恋愛裁判」、koyoriさんの「恋空予報」、みきとPさんの「アカイト」は、歌枠でもしばしばリクエストしています。VocaloidではなくUTAUオリジナル曲ですが、ポリスピカデリーさんの「曖昧さ回避」も大好きになった1曲です。

Vocaloid以外の女性ポップスでは、ClariS(クラリス)の曲との出会いが一番印象に残っています。初めて出会ったのは今年の3月ですが、歌枠で聴いた「ナイショの話」がきっかけで一気にハマり、ファンになりました。Vocaloid(IAと結月ゆかり)の調声を本格的に始めたのも、この曲のおかげです。

最新のJ-POPが“さっぱり”なのは言うまでもなく、分かるのは「前前前世」と「恋」がヒットしたことくらい。(^^; 同人音楽への関心も、Vocaloidと「歌ってみた」への関心に反比例してか、今年になって急激に減少。今年4月に「M3-2016春」に来場したものの、あまり印象に残っていないのが現状です。

——来年2017年はどんな音楽に出会えるのか。それを楽しみにしつつ、来年も歌枠にお邪魔していきたいと思います。

« 旧ペンネームとの訣別。 | トップページ | IAとゆかりの「ナイショの話」 - 初めてづくしの初投稿。 »

VOCALOID関連」カテゴリの記事

音楽紹介・レビュー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/142759/68974097

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年に聴いた音楽を振り返る。:

« 旧ペンネームとの訣別。 | トップページ | IAとゆかりの「ナイショの話」 - 初めてづくしの初投稿。 »