« 2017年7月 | トップページ

2017年8月19日 (土)

IAとゆかりのトーク作品、公開中。

(このエッセーは2017年8月30日に修正しました)

今までIAと結月ゆかりの「歌わせてみた」作品を制作・公開してきましたが、8月上旬にCeVIOの「IA Talk」を購入したのに伴い、2人のトーク作品の制作も始めました。シリーズタイトルはまだ決まっていませんが、Vocaloidの2人による日常的な(=歌っていないときの)トーク——という内容です。

完成した作品は、音声ファイル共有サービスの SoundCloud にて公開しています。音声のみですが、機会があれば、映像を付けたものをTwitter等に公開したいと思います。ニコニコ動画にて映像付きで公開しています。「背景 + 立ち絵 + メッセージウィンドウ + 台詞」という、ゲームの会話シーン風の動画にしてみました。

さて、CeVIOを通じて初めてIAをしゃべらせた感想ですが、Voiceroidの結月ゆかりを初めてしゃべらせたときと似たものを感じました。つまり、無調声でも十分自然にしゃべってくれる。もちろん、音(と無音)の長さや高さを微調節したほうがより自然になりますが、それも(私が聴く限り)ほんの一部でOKです。

結月ゆかり……というよりVoiceroidの音声と比べると、音同士の繋がりは全体的に(ノイズが乗らず)自然で滑らかな一方、音声合成エンジンの仕様なのか、ダイナミックレンジ(強弱)はかなり抑えられており、全体的な音量も小さめです。IA ROCKSをイメージしたハキハキした話し方を表現するには、音素単位での音量調節等、工夫が必要になると思います。

個人的には、音量の小ささはミックス時の“嵩上げ”で改善できるのでさほど気にならず、音声自体の質には十分満足しています。まだまだ「使いこなせている」とは程遠いですが、今後もゆかりと色々しゃべらせていきたいです。

なお、トーク全体のミックスはカバー曲と同様、DAWソフトのCubaseで行いました。使用した音声ファイルのサンプリングレートがまちまち(結月ゆかり=22050Hz、IA=48,000Hz、BGM=44,100Hz)で、それを事前に統一しなければならないのが大変&面倒です……。

« 2017年7月 | トップページ