2017年8月19日 (土)

IAとゆかりのトーク作品、公開中。

(このエッセーは2017年8月30日に修正しました)

今までIAと結月ゆかりの「歌わせてみた」作品を制作・公開してきましたが、8月上旬にCeVIOの「IA Talk」を購入したのに伴い、2人のトーク作品の制作も始めました。シリーズタイトルはまだ決まっていませんが、Vocaloidの2人による日常的な(=歌っていないときの)トーク——という内容です。

完成した作品は、音声ファイル共有サービスの SoundCloud にて公開しています。音声のみですが、機会があれば、映像を付けたものをTwitter等に公開したいと思います。ニコニコ動画にて映像付きで公開しています。「背景 + 立ち絵 + メッセージウィンドウ + 台詞」という、ゲームの会話シーン風の動画にしてみました。

さて、CeVIOを通じて初めてIAをしゃべらせた感想ですが、Voiceroidの結月ゆかりを初めてしゃべらせたときと似たものを感じました。つまり、無調声でも十分自然にしゃべってくれる。もちろん、音(と無音)の長さや高さを微調節したほうがより自然になりますが、それも(私が聴く限り)ほんの一部でOKです。

結月ゆかり……というよりVoiceroidの音声と比べると、音同士の繋がりは全体的に(ノイズが乗らず)自然で滑らかな一方、音声合成エンジンの仕様なのか、ダイナミックレンジ(強弱)はかなり抑えられており、全体的な音量も小さめです。IA ROCKSをイメージしたハキハキした話し方を表現するには、音素単位での音量調節等、工夫が必要になると思います。

個人的には、音量の小ささはミックス時の“嵩上げ”で改善できるのでさほど気にならず、音声自体の質には十分満足しています。まだまだ「使いこなせている」とは程遠いですが、今後もゆかりと色々しゃべらせていきたいです。

なお、トーク全体のミックスはカバー曲と同様、DAWソフトのCubaseで行いました。使用した音声ファイルのサンプリングレートがまちまち(結月ゆかり=22050Hz、IA=48,000Hz、BGM=44,100Hz)で、それを事前に統一しなければならないのが大変&面倒です……。

2017年7月 8日 (土)

fancyBox3 - 日本語化して導入予定。

webサイトをリニューアルするにあたり、「画像をクリック/タップするとページ内で拡大するようにしたい」と考え、それを実現するスクリプトの一つ fancyBox3 を導入することにしました。画像を表示する際のデザインとアニメーションが好みだったのと、HTMLファイルの書き換えが比較的簡単だったのが採用の理由です。

「閉じるボタン等のツールチップが英語」という海外プラグイン特有の問題もありましたが、それらの日本語化も意外と簡単だったので、それも併せて、自身の備忘録を兼ねて設置方法を紹介したいと思います。

なお、jQueryが必要(開発者は3以上を推奨)なので、jQueryを初めて導入する方は事前に用意してください。また、HTML文書はHTML5を、文字コードはUTF-8を想定しています。

続きを読む "fancyBox3 - 日本語化して導入予定。" »

2017年7月 1日 (土)

webサイトをリニューアル中 - サーバーの移転も計画中。

6月18日にツイートしたとおり、現在、webサイトのリニューアル作業をしています。今までと同様、テキストファイル(HTML5, CSS, JavaScript, .htaccess等)は開発ツールを使わず、すべてエディターでの手入力です。

そして、公開可能となった際は、現在使っているサーバーから完全に引っ越し、ほかのサーバーを借りてそこで運営していくつもりです。……というのも、現サーバーの以下の仕様が、新しくサイトを運営する際のネックとなるからです。

  1. 使用可能な容量が100MBしかない。(増量できるが割高)
  2. PHP(スクリプト言語)に対応していない。
  3. .htaccessが無効。つまり、エラー画面のカスタマイズやURLの転送(リダイレクト)ができない。
  4. 参照するファイルを(ルートディレクトリーからの)絶対パスで指定できない。

新サイトでは音声ファイルを(もしかしたら動画ファイルも)公開する予定なので、100MBでは少なすぎます。また、エラー画面を自作できないのはwebデザイン上好ましくありません(統一性に欠ける)。

4は「運営する際」というより、編集する際のネックとなる点です。例えば、ホームに移動(アクセス)するリンクを張る場合、絶対パスであれば、<a href="/">ホーム</a> と記述するだけで、どこに置かれたファイルからも移動できます。相対パスによる指定だと、階層に応じて以下のように書き分けなければならず、ミス(=リンク間違い)も起こりやすくなります。

  • <a href="./">ホーム</a>
  • <a href="../">ホーム</a>
  • <a href="../../">ホーム</a>
    (以下略)

ホームへのリンクに限らず、ナビゲーションリンク、共有するCSS・画像・スクリプト……などを絶対パスで指定するようにして以来、編集作業がずっと楽になりました。なので今更、面倒な相対パス指定には戻りたくありません。(参照: HTMLでは相対パスより絶対パスの方がおすすめ

サーバーのレンタル料や初期費用はかかりますが、niconicoのプレミアム会員の会費(年間6,480円〜)以下で済むと考えれば、そんなに高いとは思いません。不便を解消するためにも、そして過去と“訣別”するためにも、レンタルの道を歩もうと思います。

なお、サイトリニューアル&公開の際は、このブログも「新サイトに統合する」という形で公開終了する予定です。もちろん、現在公開中のエッセーは(一部の古いものを除き)削除せず、新サイトに転送するつもりです。

2016年6月11日 (土)

Twitter始めました。

6月10日(金曜日)にTwitterのアカウントを取得しました (@ayakawa_ho) 。身の回りで起きたことや、音楽(女性ポップス、Vocaloidオリジナル曲、歌ってみた等)を聴いての感想、歌い手さんへのメッセージ などを軽くつぶやいていこうと思います。

ちなみに、始めるきっかけを作ってくれたのは詩音さんです。生放送中に「あやかわさんもTwitterやろうよ〜」という感じに名指しで言われて。(^^;

2016年5月 7日 (土)

CPUを交換 - “もたつき”からようやく解放。

動画や生放送を視聴したり、Twitterを閲覧したりしているときの“もたつき”を改善しようと、今週、普段使用しているパソコンのCPU、メモリー、マザーボードの3品をまとめて交換しました。DVDドライブを交換した2014年9月以来、約1年半ぶりのパーツ交換です。

2011年に組み立てた当時、音楽鑑賞、Webの閲覧、画像の編集などができれば十分と考えていたため、CPUは低価格の Pentium Dual-Core を今まで使用していました。しばらくの間はそれで問題なかったのですが、niconicoの会員となり、動画や生放送を“聴きながら”の作業が当たり前になると、ほぼ毎日のように処理落ちが発生し、軽いストレスに。このまま使い続けるのはさすがにつらい……ということで、CPUの交換と、それに伴うマザーボードとメモリーの交換に踏み切ったわけです。

選んだパーツはそれぞれ以下のとおり。買った後で「合わない」という事態に陥らないよう、各パーツの仕様、特にマザーボードの仕様を念入りにチェックしてから通販で注文→購入しました。

  • CPU: Intel Core i3-6100 (3.7GHz, LGA1151)
  • メモリー: Kingston製 DDR4 SDRAM 4GB×2 (2133MHz)
  • マザーボード: ASUS H110M-A (Micro-ATX)

交換してすぐ、試しにニコニコ動画でお気に入りの「歌ってみた」を再生しながらTwitterを閲覧するという、交換前であれば確実に“もたつき”の発生していた処理をさせたところ、処理落ちは全くと言って良いほど発生せず、niconicoへのアクセスも、Twitterの閲覧も実に快適でした。性能の向上を実感し、ストレスの原因の一つから解放されてホッとした瞬間です。

これでしばらく、どのパーツも交換しなくて済みそうですね。……故障しなければの話ですが。(^^;

2016年2月13日 (土)

ゆかりが我が家にやって来る - Voiceroidの「結月ゆかり」を購入。

先月、Voiceroidの「結月ゆかり」が綾川家にやって来ました。正確に言うと、AH-Softwareが発売している読み上げソフト「VOICEROID+ 結月ゆかり EX」を通販で購入→インストールしました。

普段使っているパソコンのOSがUbuntu、つまり非対応ということで、最近あまり使っていない(苦笑)音楽制作用のパソコン——昨年 Windows 7 にアップデート——をインストール先としています。製品紹介ページの動作環境に「インターネット接続環境」とありましたが、必要なのはアクティベーションのときだけ、しかもほかのパソコン(Windows搭載)を経由してのアクティベーションも可能だということで、オフラインでも問題ありませんでした。少し手間はかかりましたが……。

一安心したところで試しに何か読ませてみよう、ということで、アルバム「MARGARET」について書いた2月6日のエッセーを通して読んでもらいました(MP3形式、一部省略・改変)。

話す速度を既定値の1.0から1.1に変更した(=少し速くした)以外、パラメーターの変更は一切していない——発音、イントネーション、ポーズ(小休止)を修正・調節しただけ——のですが、それでも十分なほど自然な抑揚で読み上げてくれます。一般的な単語・熟語に至っては、イントネーションの修正さえ必要ありません。さすが、女満別空港(北海道)の館内アナウンスを担当しているだけありますね。

惜しむらくは、音と音のつながりが(前後関係によって)一部不自然となっていることや、歯擦音がやや目立つことでしょうか。後者は波形編集で何とかなりそうですが、前者の自力での改善はさすがに難しそう……。

最後に、気になった読み上げ結果を下にまとめてみました。

  • Vocaloid … 正しく「ボーカロイド」と読み上げてくれる。
  • IA(イア) … 「アイエー」と読み上げた。カタカナで入力するなどの対策が必要。
  • ニコニコ動画 … 「ニコニコ」と「動画」の2単語と判断した。つまり辞書登録が必要。
  • 同人 … 「同(どう)」と「人(ひと)」の2単語と判断した。
  • ボカロP … イントネーションの修正(もしくは辞書登録)が必要。
  • ゆかいあ … 「ボカロP」に同じ。
  • M3(エムスリー) … 「エムサン」と読み上げた。
  • 鷹騨(たかた)ホムラ … イントネーションの修正だけで済んだ(かなり意外)。

2016年1月 9日 (土)

ponacoさんの生歌にも癒される。

今年の正月から、昨年12月のエッセーで紹介した詩音さんだけでなく、もう一人、ponaco(ぽなこ)さんの生歌もよく聴くようになりました。

ponacoさんを知ったきっかけは詩音さんと同様、番組一覧で“たまたま”見かけたこと。「ぽなこ」という可愛らしい名前の響きからイメージした声とは違いましたが、高音域の抜けの良い、ほんわかした癒し系の歌声に徐々に惹かれ、数日後にコミュニティ登録する(&ponacoさんをお気に入りユーザーに登録する)に至りました。

どんな歌声なのか、気になった方は以下の(ponacoさん自身の)マイリストをチェックしてみてください。Vocaloidオリジナル曲を中心に色んなジャンルの曲を歌いますが、バラード系の曲に定評があります。

2015年12月19日 (土)

詩音さんの生歌に癒される。

実況プレイ動画、Vocaloidオリジナル曲に続き、先週、ニコニコ動画での楽しみがまた一つ増えました。詩音さんによる「歌ってみた」の生放送です。

初めて視聴したのは(確か)12月10日の夜。その日放送されていたのを番組一覧で“たまたま”目にしたのがきっかけです。最初は「とりあえず」の感覚でいたのですが、視聴を始めてすぐ、詩音さんの透き通った歌声に聴き惚れてしまい、1曲歌い終えたときには「これは拍手を送らなくちゃ」と思うに至り、迷わず「88888888」(パチパチ=拍手の意)とコメントしました。生放送で初めてコメントを送った瞬間です。

以降、詩音さんのコミュニティ「まったり歌放送」をお気に入り登録したのはもちろん、可能な限り彼女の生歌を聴けるよう、生放送開始の通知を受け取ることにしました。さすがに夜遅い時間に聴きに行くことは(仕事の関係で)できませんが……。

なお、詩音さんの歌う曲は(1週間聴いてきた限り)Vocaloidオリジナル曲、特に数十万再生レベルの名曲が多く、その点でも感謝しています。Vocaloid事情に疎い私に、ほぼ毎回のように「こういう曲があるよ」と歌って教えてくれるので。(^^;

2015年5月 2日 (土)

「モンハンどうでしょうClassic」を視聴。

「モンハンどうでしょうClassic」という動画がシリーズで公開されているのをニコニコ大百科で知り、「水曜どうでしょう」のノリを期待して(アカウントを取得したばかりの)ニコニコ動画で一通り視聴しました。

本家さながらのオープニングに始まり、プレーヤーのやり取り、縦書きの字幕、使用しているフォント、場面が切り替わるタイミング、そしてエンディングと、最初から最後まで期待どおりの「どうでしょう」クオリティーでした。地声なのか、真似ているのかは分かりませんが、プレーヤーの声もそこはかとなく大泉洋さんや藤村忠寿ディレクターの声に似ています。

モンハンことゲーム「モンスターハンター」シリーズのことを「巨大なモンスターを討伐するゲーム」程度にしか知らない私ですが、まったく問題ありませんでした。迫力のあるゲーム画面、プレーヤーたちによる面白おかしいトーク、それに先に挙げた「どうでしょう」らしい演出を観て・聴いているだけで十分楽しめます。

2015年3月28日 (土)

詩衣雫月さんのプレイ動画を視聴 - 声も口調もイメージどおり。

前回のエッセーで紹介した詩衣雫月(うたい しづき)さんのゲームプレイ動画を、先々週からきょうにかけて視聴しました。それだけのために、ニコニコ動画の会員登録も(一般会員として)済ませています。

サイトでの言葉遣いや「ぼく」という一人称から、ボーイッシュな感じの声だとイメージして一つ目の動画を視聴したところ、まさにそのとおりでした。ラジオのパーソナリティーを務めていてもおかしくない、そんな明瞭で聴き取りやすい声です。音響機材のセッティングに慣れているのでしょう、ゲーム音声とのバランスも良く、目立った音割れも(数シリーズ視聴した限り)ありません。

実況プレイの内容も、プレイ中に起きた(もしくは 操作ミスで起こした)バグやハプニングに対するリアクションが感情豊かで、観ていて飽きが来ません。特に、持っているファミコンのゲームを3分ずつ実況プレイする以下の2作品が面白かったです(要ニコニコ動画アカウント)。

  1. 3分間ずつファミコンをドンドン実況プレイリレー前編
  2. 3分間ずつファミコンをドンドン実況プレイリレー後編

画面が激しくバグったり(しかもそのままの状態でプレイ)、カセットの差し込みが甘かったせいで処理落ちしたり(同左)、3分経過を告げるブザーの音に雫月さんがあたふたしたり不満を漏らしたりと、見どころ・聞きどころ満載です。プレイしたことはおろか、名前を聞いたことすらないゲームが多々――ふしぎなブロビーキャッスルエクセレント など――ありましたが、まったく気にならずに楽しめました。

サイト「伝説のスターブロブ2」を訪れたときから雫月さんには“親しみやすさ”を感じていましたが、声を聴いたことで、その気持ちがさらに強まりました。今後もサイト・動画共に注目していきたいですね。